「ヤラせて」と呟いたら熟女おばさんとセフレになってしまった

F子さんは、親しみ易い性格の
明るいオバサンです。

しかし私生活では。
婿養子の旦那が浮気して、
家を出ていってるとの事。

セフレになる以前は、
ちょっとムチムチな体形の
F子さんの作業ズボン越しの
パンティーラインの浮き出たヒップに
いつも目が行っていて、
多少はエッチな目で彼女を見ていました。

セフレ関係になったキッカケは
長くなりますが、
ムラムラしている時や、
F子さんのパンティーラインを
間近で拝見出来た時など、
現場ですれ違った時に小声で
「ヤラせて!」と
呟いたりしていました。

会社の中は騒音が大きく,
Fこさんには聞こえてはいないと思っていました。

ところが去年のある日
いつもの様に
「ヤラせて」と呟いたら、
F子さんがちょっとビックリした表情で
僕を見ながら
「い……いいよ〜!」と言いました。

その時は、逆にこっちの方が
「えっ!聞こえてたの?」
とビックリしてかなり動揺してしまい、
その後暫くは気まずくて、
文子さんにどう接していいか困り、
F子さんを避けていました。

それから数日後の土曜日でした。

その日は午前中だけ休日出勤で、
自分の部署で3人出勤して、
現場ではF子さんだけ出勤していました。

自分の部署は10時過ぎに仕事が片付いたので、
11時近くに他の二人は先に帰りたいと言い、
僕に会社の鍵を預け帰りました。

その為、会社内には自分と
F子さんの二人だけという
状況になってしまいました。
しかもこの前の事があるので
ちょっと困ってしまいました.

続きを読む(外部サイト)

あわせて読みたい