あるコミュニティで熟女人妻と知り合い

あるコミュニティで熟女人妻と知り合い、
仲良くなり不倫しています。

LINEのIDを交換し合い、
いずれ会うようになり段々親密な仲に…
最初は抱き締め合ってキスだけでしたが、
付き合い始めて1年後、
遂に… とある温泉旅館に日帰りで行き、
部屋に入るなり激しく口づけ。

ベッドの上で、
さらに激しく抱き締め合い、
愛を確かめ合いました。
そして、
彼女の息の匂いを感じたくなり、

「はぁ~ってして」

とお願いすると、
彼女は僕を抱き締めて可愛いお口を鼻に近づけ、
「はぁ~」と息をかけてくれました。

彼女の甘い息を感じながら、
彼女のスカートに手を入れ、
むっちりした太ももを撫で、
次第に下に行ってスカートの中に潜り込みました。
彼女の可愛いピンクのパンティが目に飛び込み、
僕はたまらなくなって、
彼女の太ももに抱きつき感触を楽しみながら、
彼女のパンティの上から
あそこに鼻をつけて匂いを嗅いだりして楽しみました。

その後、
お互いお風呂に入りに行ってから、
今度は浴衣姿で愛し合いました。
浴衣がはだけて、
白い太ももとパンティ…もうたまらない。

また激しく抱き締め合って、
口づけしたりはぁ~ってしてもらったり、
そして浴衣の裾から入って、
太ももに挟まれながらパンティを脱がせ、
彼女のあそこをクンニリングス。

「あ~ん、あ~ん」

と激しく喘ぎ、
あそこは次第に濡れていきました。

彼女は僕のものも、
優しく可愛いお口に含んで愛してくれました。
最後は彼女にゆっくりかさなり、
優しく挿入… 強く抱き締め合い、
口づけを交わしながら彼女の中に放出しました。

それから2ヶ月後、
今度は彼女にスリップ姿でエッチしたいとお願いすると、
喜んでラブホで可愛いスリップを着けてくれました。
可愛くてセクシーな彼女のスリップ姿に興奮しました。

彼女が後ろを向くと、
スリップの裾からまた
可愛いピンクのパンティが…本当にたまらない。

僕は、彼女の背後からパンティを覗き、
興奮しながら裾から顔を入れ、
太ももとパンティに頬擦りし、
その後ベッドで抱き締め合い、
激しく口づけしました。

そして、
抱き締められながら、
彼女は可愛いお口で鼻を覆い、
「はぁ~」とまるで人工呼吸の如く、
何度も息をかけてくれました。

彼女の息の匂い、
とても甘いいい匂いでした。
そして、
太ももに抱きついたり、
パンティを脱がせ
あそこの匂いを楽しみながらクンニリングス。
彼女は甘い声で喘ぎました。
そして、
体勢を入れ替えて、
彼女は僕のものも愛してくれました。

もう気持ち良くてたまらない! 最後は、
正常位で彼女に挿入し、
たっぷり愛し合いました。
それからは、
大体3ヶ月に一度くらい会って、
ラブホで可愛いスリップ姿になってもらい、
愛し合っています。

遠距離不倫なので、
あまり会えないので会った時は、
思う存分愛し合っています。

あわせて読みたい