アパートの管理人のおばさん

5年前まで
僕は一人暮らしをしておりました。
時々朝寝坊する事があったので、
僕はアパートの管理人である
おばさんにモーニングコールを
御願いする事になりました。

最初は電話だけだったのですが、
あまりにも僕の寝起きが悪かった為、
直接部屋まで
起こしにくるようになったのです。
僕は部屋の鍵は
ほとんどかけていなかったので、
ある日おばさんが部屋まで
入ってくる事がありました。

僕の体をゆすって
必死で起こそうとしていました。

うっすら目を開けてみると
おばさんはスカートをはいていて、
その中からベージュのパンティーが見えていました。
僕は少しの間寝たふりをして
パンティーを覗いていました。

しばらくしてからようやく
僕は起きました。

「おばさんのパンティー見えたよ!」

と言うと

「もう、エッチ!」

と言い、

「遅刻するよ!」

と怒られました。
でも僕は味をしめ次の日も
わざとモーニングコールで
おきませんでした。

 

続きを読む(外部サイト)

あわせて読みたい