プリプリのお尻が俺を狂わせる人妻英語教師

英語教師の佳世先生は、
他の生徒達にとっては単なる
うるさいオバサンだったかも知れないが、
俺にとっては
佳世先生の授業中は
心地よい妄想の時間だった。
佳世先生は38歳で
2児の母だった。
小柄だが、
胸の膨らみや
プリプリしたお尻は
俺の欲望を掻き立てた。
銀縁のメガネが
いかにも教師らしかった。

俺は先生が
教科書を読みながら教室内を歩く時、
いつもお尻を見ながら

「やりたいなあ、
バックからがいいかなあ」

なんてことを考えていた。
そして、その妄想が
現実のものとなる日がやってきた。

それは梅雨明けの暑い日だった。
俺は夕方、
他の人に言えない相談があるからと言って、
先生を体育用具倉庫に連れて行った。

先生は同じ部活の
女子部の顧問だったから
俺のこともよく知っていて、
何の疑いも持たずについてきた。

「どうしたの?人に言えない相談事って何?」

と、校舎の裏にあって
夕方には人が近寄ることの少ない
体育倉庫の扉を閉めると、

先生は言った。

「俺、困っているんだ。
もうすぐ期末試験なのに勉強が手につかなくて。
特に英語がだめなんだ。
だから先生に相談しようと思って。」

「試験問題を教えてくれって言ってもダメよ。
あなた英語よくできるじゃない。」

「最近全然だめなんだよ。
手につかないんだ」

「そんなに難しく考えなくても良いのよ。
授業中に先生が言ったところが問題になるから、
授業さえしっかり聞いていれば大丈夫よ。」

「その授業が身に入らないんだよ。」

「えっ。それじゃ先生の教え方が良くないって言うの?」

先生は少し不機嫌そうにそう言った。

「違うよ。先生の教え方じゃなくて、
先生だからダメなんだよ」

「どういうことよ、全然意味が分からないわ」

「俺、授業中、先生のことばかり見ているんだ、
先生の胸やお尻を見てエッチなことばかり考えてるんだ。
家に帰って勉強しようとしても
先生のことを思い出すとムラムラしてきてダメなんだよ、
先生のせいだよ、
何とかしてよ」

先生は突然のことで
一瞬言葉を失ったようだったが、

「何馬鹿なこと言ってるの!先生怒るよ。」

「怒られても良いよ、

俺、どうしても先生としたいんだ。
ねえ先生、セックスさせてよ」

続きを読む(外部サイト)

あわせて読みたい