ベロベロに酔って、 お義母さんと挿入

正月に妻の実家に行ってきた。
実は年末にベロベロに酔って、
お義母さんと挿入寸前まで
いったものの、
妻が起きてきたせいで
生殺し状態になってたのだが、
今回はお義父さんが
二泊三日で長野に
スキーに行っていたので、
もしかしたらと期待していた。

夕飯を食べながら酒を飲んでいると、
酒に弱い妻が九時ごろに
もう寝ると息子と二階に行った。

その時点でお義母さんも
ベロベロだったが、
ソファーの隣に座ってキスをすると
お義母さんも俺のチンコを
触ってきた。
俺も負けじとお義母さんの
スウェットパンツに手を入れると、
声を押し殺したような
吐息が漏れてきたが、
年末もここまではいっていたので、
正直なところ初めて
お義母さんのおまんこを
触った時ほどの感動はなかった。

お義母さんが受け入れてくれた
ことが分かったので、
今回こそは邪魔をされないよう、
トイレに行ったついでに
二階を確認する。
妻と息子はグッスリ寝ていた。

リビングに戻るとお義母さんは
虚ろな感じでテレビを見ていた。
俺が下を脱ぐとお義母さんも
黙ったままスウェットパンツを
脱いだ。
二人とも下半身が裸、
というところが妙にいやらしい。
ホットカーペットに寝かせて、
そのままお義母さんの
濡れたおまんこに挿入する。

いつも某市役所で女課長として
キビキビ働いているお義母さんが
義理の息子の前で淫らに股を広げ、
されるがままに緩いおまんこに
生チンポを受け入れている姿に
興奮した。

元々50代の熟女なんて
ストライクゾーンでは
なかったはず。
でも近親セックスに
興奮したのかも…
などと考えながら、
お義母さんの中を
ハメハメしていると
イキたくなってきた。
そのまま突くのを早め、
イク寸前でおまんこの
一番奥まで突き
そのまま中に出した。

チンポを抜くとお義母さんの
おまんこから白いものが
いやらしく垂れてくる。
お義母さんは小さく
「アァ…」
と吐息を漏らしながら、
だらしなく脚をひろげたまま、
恍惚の表情を浮かべていた。

あわせて読みたい