出張先でしたマッサージ

よく聞く話しですが、つい先週体験したマッサージの話しです。その日は出張最終日で、かなり神経を使って仕事してたので精神的にも肉体的にもかなり疲れていたのでホテルでマッサージを頼む事にしました。何の下心もなく電話でマッサージを頼み部屋で待っているとコンコンとドアをノックする音が聞こえドアを開けると「えっ」と思いました。
 
女性だったからです。私はてっきり男性が来るものだと思っていたので。後で聞いたのですが、歳は50才でバツイチで子供はなく今は一人暮しとか。見た目はぽっちゃりで顔立ちだけ見ると40代前半に見えました。

私がベッドに座ると問診されどこが凝っているか聞かれたので
「肩から背中、腰と太股です。ってほとんど全身ですね」
と言うと
「解りました。今日はお客さんでラストなんで時間かけて解しますね」
とニッコリと微笑んでくれ何となく癒されました。

「それじゃあ浴衣を脱いでうつ伏せで寝ていただけますか」
と言われ浴衣はゴワゴワするのと帯が邪魔なんだろうと言われるままブリーフ一枚になると
「わぁ、鍛えてらっしゃるんですね」
と言われました。趣味が筋トレだったので、まぁ、それなりには。

うつ伏せになりマッサージが始まると余りの気持ち良さにいつの間にかウトウト寝てました。何分ぐらい経ったか、太股を揉まれてる時に目が覚め
「いや~気持ち良すぎてねちゃいました」
「お客さん、凄く凝ってましたよ。次は脚をするのでもう少しだけ広げてもらっていいですか」
と言われ脚を広げました。

そこからは太股や内腿や脹ら脛を揉まれました。男性なら解ると思いますが、疲れてる時って妙にやりたくなったりしますよね?その時は気のせいだと思ってましたがマッサージの手がよく内腿を触るようになって、段々と悶々としてきました。しかも、たまに玉をチョンと触ったりスーッと触ったり。うつ伏せになりながら勃起してました。

ヤバイヤバイと思い変な事は考えずに他の事を考えて気を逸らせようとしましたが、チョンと触ってくる感触に勃起は収まりませんでした。すると
「じゃあ仰向けになってくたさい」
と言われドキッとして
「仰向けになるんですか」
と焦りました。

「いや、でも今はちょっと」
と焦りまくっていると
「はい、特に脚は凝ってるので前側もした方がいいので」
と言って手を止めて待ってたので
「えーい」
とクルッと仰向けになりました。

仰向けになると、ギンギンに勃起したチンポでブリーフはパンパンにテント張った状態でした。私は顔から火がでるんじゃないかってぐらい恥ずかしくて、多分かなり赤面してたと思います。

京子さんは
「お客さん元気ですね」
とニッコリと言うより笑われました。(マッサージ師さんは京子さんといいます)

勃起チンポを見たら少しは変な気になってくれるかって期待が少しはあったのでちょっとガッカリしました。まぁ、そうそう都合いい話しはないよなと
「いや~気持ち良すぎて、すみません」
と言うと
「気にしなくて大丈夫ですよ、そういうお客さんもいますから」
と言いながら太股のマッサージを始めました。

「勃起する客もいるって言ってたけどエッチな事になった事はないんですか?」
と聞くと
「そんな事ないですよ」
とニッコリ。これも後で聞いたのですが、普段は女性客ばかりで男性客はこの時が初めてだったらしく勃起する客がいると言ったのは作り話だったらしい。

「内腿もしますからまた少し脚を広げてください」
と言われ少し広げると、またチョンと玉を触ってきて勃起は収まるどころか触られる度にビクンと反応してました。多分、先っちょからはガマン汁が滲み出てたと思います。

しばらくして
「お客さんの、大きいですよね」
と言ってきました。これまた男性ならやった事あると思いますが、私のチンポは17cmほどで長さはまぁまぁだと思いますが太さはかなりのサイズだったので。
「そうですかねぇ」
と言うと
「生で見てないですけど下着姿でも大きいの解りますよ」
とやたらとチンポの付け根を揉んでました。

ここまできたら誘ってみるしかないと思い
「生で見てみます?」
と聞くと意外にも
「はい」
と即答でした。私は
「じゃあ」
とブリーフを脱ぎ全裸で仰向けになると
「すごい」
と京子さんはすぐに太股を触ってきました。

チンポを見るとギンギンなのは勿論ですが思った以上にガマン汁が滲んでいて垂れそうなぐらいになってました。

「ここまできたら」
と思い
「実はこっちも凝ってるんです。解してもらっていいですか?」
と訳の解らない事を口走ってました。

すると京子さんは
「凝ってるんならマッサージで解さないと体に良くないですね」
とそっと勃起チンポを握り
「ほんと太いですね。それにこんなに凝ってカチカチになって」
とゆっくり扱いてきました。

京子さんの手が下から上に扱きあげる度に先っちょからはガマン汁が滲み出てきました。興奮が絶頂にきた私は「もういいですよね?ね?口でしてほしいです」
とお願いすると
「勿論です」
と京子さんはチンポに口を近づけマジマジとチンポを見ながらハァと息を吹きかけながら
「もう先がドロドロ…」
と言いながら先っちょをチロチロと舌先で舐めながらガマン汁を掬い取りました。

カリ首を舐め、裏筋を舐め、袋を舐めながらチンポをゆっくり扱いてくれました。亀頭を口に含み中で亀頭を舐め回すと口を話し
「ハァ…やっぱり大きい…」
と言いすぐにまたくわえました。眉間にシワを寄せながら少しずつくわえ込み
「半分までしか入らない…」
と言いました。

フェラをしてもらってる最中は白衣?の上からオッパイを揉んだり尻を撫でたりしていて白衣の胸ボタンを外そうとすると京子さんはフェラしながらボタンを外してくれました。胸元からは白のブラが見え谷間もクッキリで白衣の上から触っていても解ったように大きなオッパイの膨らみの谷間がかなりエロかったです。

ブラの上から手を挿し込み生オッパイを触ると何とも大きく柔らかいオッパイでした。柔らかいオッパイを揉みながら乳首を触るとコリコリに勃起していて
「あぁん…乳首弱いの…」
と声をあげました。

「もう服ぬいで」
と言うと京子さんは白衣を脱ぎ下着姿になりました。ブラのホックを外してオッパイを露出させると大きなオッパイがブルンと揺れました。少し垂れていましたが大きくて乳首の黒ずみはほとんどなく少し大きめでした。

お互い向かい合わせに座ると私はその大きく柔らかいオッパイを揉みながら乳首に吸い付き舌で転がしたり唇に挟んで引っ張ったり…京子さんは
「気持ちいい…気持ちいい」
と言いながらずっとチンポを握り時には扱いてました。

股間に手を伸ばすとパンティの上からでも解るぐらいしっとりとしていて
「もう濡れ濡れなの?」
と聞くと
「だって久しぶりだから…それに生理前だから疼いちゃって…」と。

私はまた仰向けになると京子さんはすぐにフェラしてきたので京子さんの腰を引き寄せ69になりました。京子さんの股間からは物凄くエロい匂いがしてきて
「すごいエッチな匂いするよ」
「あぁ…いや…シャワーもしてないのに」
「シャワーなんかしなくていいよ、俺のだってシャワーしてないのにしゃぶってくれてるじゃん」
とパンティをずらし脱がせました。

京子さんのオマンコは、陰毛は薄くでもアナルの周りまで続いていて、ビラビラはかなり発達していて濡れ濡れというよりグチョグチョになってました。

両手の親指で広げると一層エロい匂いがしてきて、というより多分少し鼻につくような匂いで、京子さんは
「私の…臭いから…」
と言いましたが、その匂いに堪らなく興奮しました。

私は
「そんな事ないよ、すごいエッチな匂いで興奮するよ」
とオマンコにしゃぶりつきジュルジュルと舐め回しました。京子さんはフェラをしながら
「んー…んー」
と鼻から声を出しながらよがりました。

京子さんは「あぁん!お願い!もう入れて!お願い!」

私は京子さんを仰向けにすると正常位でハメました。

正常位で挿入する時に
「あぁ!すごい!大きい!あぁ!太い!」
私はチンポを半分まで入れ出し入れしながら
「チンポ半分しか入れてないよ、どうする?」
「いや!全部入れてぇ!あん!一杯にしてぇ!」
私はゆっくりと根元までチンポを挿し込みました。

「あぁ!あぁぁ!あぁぁあ!すごいー!一杯!あぁん!一杯ぃ!」
私はしばらく動かずに京子さんのオッパイに吸い付きながら乳首を弄りました。

京子さんは
「あ…動いて…大きいので突いて…激しくして…」
と目を潤ませ私を見ながら言いました。ゆっくり突いていると
「あぁ…ん!やだ…もっと突いて…奥まで突いて!」
私は激しく腰を打ち付け突きまくりました。

「あぁ!すごい!すごいー!あん!当たってる!奥に…当たってるー!」
「ね!乳首噛んで!あぁ!お願い噛んで!」
私は腰を振りながら京子さんの乳首を噛みました。

噛んだ瞬間
「逝く!」
と体を硬直させオマンコをギューッと締め付けながら京子さんは逝きました。

京子さんが放心状態になってる間はゆっくりとチンポを出し入れし気が戻った時にまた激しく突きながら今度はクリを指で弾きました。
「いやー!ダメ!また…あ!逝…く…」
とすぐに逝ってしまいました。二回目の放心状態の時にチンポを抜くとオマンコは勿論、チンポもマン汁でベトベトになってました。

しばらく放心状態の京子さんの横でハァハァと寝ていると
「ハァ…すごく気持ち良かった…ハァ…あんなにすぐに逝くなんて…」
と私に抱きつきチンポを握りながらキスしてきました。

チンポを握りながら
「すごい…こんなに濡れてるなんて」
「マン汁が半端じゃないよ」
と私は京子さんのオマンコに指を入れグチョグチョと掻き回しました。

「あぁ…だって…お客さんの…こんなにすごいから…あ…」
「俺もそろそろ逝きたいんだけどいい?」
「いいよ…中で出してもいいよ…」
「いいの?」
「生理前だから大丈夫だから…」
と涙が出るぐらい嬉しい言葉でした。

私が
「じゃあ」
と言うと京子さんは四つん這いになり
「バックで逝って…」
と尻を突き出しました。突き出した尻からパックリと口を開いてマン汁のよだれで濡れ濡れになってるイヤらしい光景を見ながらオマンコにチンポを突き立て一気に挿入しました。

チンポ挿入でオマンコが一杯一杯になり肉が引っ張り出されるのを見てると思わず逝きそうになりましたが我慢して突きました。
「あぁ!いい!お尻…叩いて!あぁ!ギュッてしてー!」
私はバチンバチンと尻を叩きながら突き、力一杯掴みながら突きまくりました。

我慢の限界がきて
「逝くよ!中に出すよ!」
「あぁぁ!出してー!中でー!あぁぁあ!逝ってー!」
私は尻を掴みながら腰を激しく打ち付け京子さんの尻を自分の動きに合わせて自分に打ち付けました。

「逝くよ!逝く!逝く!」
「あぁ!私も!逝…く…!」
とほぼ同時に逝きました。

京子さんのオマンコはギュッギュッと締め付けながらまるでザーメンを絞り出すように痙攣してました。私はチンポをハメたまましばらく動けず京子さんも放心状態でハァハァ言ってました。

チンポを抜くとオマンコはパックリと口を開きしばらくするとザーメンがドロドロと溢れ出てシーツにボタッボタッと垂れ落ちました。

気を戻した京子さんは何も言わずチンポにしゃぶりつきお掃除フェラをしてから「ハァ…すごく良かったぁ…」
と言うと
「あっ」
と立ち上がり携帯を持って電話して
「今終わりましたからこのまま帰っていいですか?」
と言い、聞き耳を立ててると
「え?今からですか?ちょっと体調が悪いので今日はこれで…」
と何やら断ってました。

電話が終わると
「俺の次に仕事入ったんじゃないの?」
と聞くと
「断ったんだから…まだできるよね?」
とのお誘いでした。

次の日は昼過ぎに発つ予定で、休憩をしながら朝まで計3回やりました。

来月また出張に行くのでまた会う約束をして別れました。

あわせて読みたい