叔母のフェラ

僕の会社は転勤出張の多いサービス業界です。

3度目の転勤が叔父(父の弟)の近くで、子供が居なかった叔父夫婦が「アパート借りるんだったら家に来い!」と言う事で下宿する事になりました。

毎日の1時間程のランニング!その日は休みだったので少し遅く出て10時頃帰り、シャワーを浴びようと風呂場に行くと叔母が洗濯してました。

「あら凄い汗ね!早く脱いで洗濯するから!」まったく意識する事無く素っ裸になり浴室に入りました。

シャンプーしてると「久しぶりにトシちゃんの背中流してあげようかな(笑)」とスリップ姿の叔母が浴室に入って来ました。

手に石鹸を付け撫でるように首から背中へ!髪のシャンプーを流そうとシャワーを出したら「キャ~トシちゃん‥」ちょっと振り返るとスリップは濡れ肌に貼り付いてました。

「あっゴメン‥」叔母はスリップとパンティを脱ぎ又背中を撫でながら「すっかり大きくなって‥」叔母の手は尻から脚、そして腿を這い上がりチンポへ!

揉むようにゆっくり扱くように動く叔母の手にチンポはムクムクと勃起しました。

リンスを流しながら何も言えず居るとシャワーで体中の石鹸はすっかり流れててました。

思い切って叔母の方に振り返っても叔母の手はチンポや玉袋を弄り続け、叔母はゆっくり屈み遂にはチンポを咥えて仕舞いました。

ねっとりと舌を絡めてシャブる叔母のフェラは今まで経験した中で1番気持ち良い物でした。

叔母を立ち上がらせて後ろから叔母の乳房を揉むと叔母は吐息を漏らしながらも手はチンポを掴んでました。

浴室の鏡に映る叔母は腰と腹周りにタップリ肉付いて柔らかでした。

叔母の股に手を差し込み指で割れ目を撫でるとクチュクチュ音を立てる程濡れ、壁に手を着け尻を突き出して来ました!

ちょっと迷いましたが欲望に負け叔母の中に突き立てて仕舞いました。

未産の叔母のマンコはヌメヌメとチンポを包み込み最高に気持ち良い物でした。

叔母を振り返させ立ったまま抱き合い前から!浅くしか入らないけどクリはチンポに擦られ叔母の喘ぎが浴室に響いてました。

叔母の快感に歪む顔は何ともエロく思わずキスして舌を絡めて仕舞いました。

あわせて読みたい