定食屋のおばさん

フロントが透けた紫色のレースパンティを
脱がせようとすると激しく抵抗しました。
でもそれは拒否するための理由で
そうしたのではないことがすぐに分かりました。
固く閉じ合わされた股間から、
無理矢理そのパンティを剥ぎ取ってみると、
股間から透明のぬめりが糸を引き、
パンティのクロッチ部分は
色が変わるほどベッタリと
濡れているではありませんか。
いやだ、いやだと抵抗しながらも
力ずくで受けた愛撫によって
おまんこをすっかり濡らしてしまったことを
知られたくなかったのです。
「なーんだ、感じてんじゃん」
おばさんはくやしそうに
顔を歪めながら首を振りましたが、
オレたちの行為には遠慮がなくなりました。
トロトロになってる
膣の中に中指と薬指を埋め込み、
ゆっくりピストンをはじめると、
ぴちゅぴちゅと音がし、
次第に激しく、
手の腹はクリトリスに打ち付けながら抜き差しすると、
ぐちゅぐちゅと音がして、
無言だったおばさんの口からも
「あっ、あっ」と声を出始めました。
パンパンと音を立てて
激しくピストンしたあとは、
2本の指をくの字に曲げ、
膣の中をえぐりこするように
ゆっくりと出し入れします。
ぐちょぐちょとこれを
緩急つけながら繰り返すうち、
たまらなくなったおばさんのオマンコからは、
プシューッて感じで
大量の潮を噴いてしまいました。

続きを読む(外部サイト)

あわせて読みたい