我慢していた人妻

28歳独身男です。最近ですが54歳の
熟女さんとお付き合いを始めました。

もちろんセックスもしていますが
どちらかと言えば大人しい人で、
セックスも受身がほとんどでした。

ゴムも必ず着けるように言われ、
シャワーを浴びた後でなければ

セックスはしないと言うし、
フェラもあまり好きではないようでした。

それでも熟女好きの俺は
彼女とのセックスには満足していました。

ところがこの前は違っていました。

その時で5回目のセックスでしたが、
彼女がラブホに入るとすぐに

「今日は私にリードさせて」と言うんです。

俺は彼女とセックス出来ればそれで良いので

「構わないよ」

と言うと彼女はいきなり
着ているものを脱ぎ始めました。

いつもと違う派手と言うか
ゴージャスな感じの下着でした。

それも脱ぐとアソコの毛がありませんでした。

驚いて

「ご主人に見付かったりしないの?」

と聞くと

「うん・・・大丈夫よ」とだけ言いました。

それから俺も裸になるように言われて

全裸になると、その場で俺の前にしゃがんで
フェラを始めました。

すごく積極的で驚いたが、
それだけではなく

「美味しい」とか言いながら

激しくフェラしてきました。

今までそんな事を言ったこともなかったので

突然の変化に驚くばかりでした。

いきそうになって

「そのまま口に出せば良い?」

と聞くとこれまた驚きの

「顔に掛けて」

とのこと。

リクエスト通りに顔に掛けてあげると

それを指ですくって舐めました。
もちろん射精した俺のペニスも
キレイに舐めました。

それからシャワーなのかと思うと
俺にベッドに横になるように言いました。

そのまま続行なのかと思っていると、
俺の顔にアソコを近づけてきて

「舐めて」と言いました。

今までシャワーを浴びないと
恥ずかしいと言っていた彼女が

すごい変化でした。

俺は必死にアソコを舐めると

「気持ちいい」

とか悶える声をいっぱい出しました。

それから身体を倒して69を始め、

俺のペニスがまた元気になると

そっちにまたがって騎乗位で挿入しました。

俺が

「ゴム着けてないけど良いの?」

と聞くと

「「いいから・・・」

そう言って激しく腰を振りました。

淫語も連発しながらまるで別人のようでした。

中に出した後、自分でアソコを開いて

中の精液を指に取るとそれを舐めました。

それからすぐにフェラされて、
またまた勃起すると

「入れて」

とおねだりされました。

さすがに3回目はきついものもありましたが

挿入すると

「もっと激しくして・・」

と言われました。

 

結局もう一回搾り取られました。

それで

「どうしたの?何かあったの?」

と聞くと、どうやら今までは
様子見と言うかガマンしていたらしく、

今日は思いっきりセックスしようと思って
毛も剃って来たみたいでした。

俺が

「遠慮なんかすることないのに・・」

と言うと

「うん・・今度からはもっといろいろしてみたい」

と言いました。

その彼女がすごく可愛く見えて
俺もいろいろ試したいと思いました。

あわせて読みたい