新人ヘルパーと打ち上げの後

私は、とある介護業務の
主任を任されているが
去年の10月に恵子という
53歳の×1が入社して来た。

聞くところによると
半年前に離婚し
ヘルパー資格をとったばかりとのこと。

もちろん何も解らないので
最初の1ヶ月は研修ということで
付きっきりで仕事を教えた。

研修最後の日、
打ち上げとして
居酒屋に誘い一緒に酒を飲んだ。

今までお酒を飲む機会がなかったようで
恵子は一時間持たず酔っぱらう。

(しめた!)

とばかりに恵子に近づき
太ももやお尻を触りまくる。

恵子は最初は恥ずかしがり
笑いながら

「止めてください」

と言うが僕はかまわず、
さらにタッチを続け

「彼氏とかいるの?」

「むっちゃタイプやわ」

「今日は一緒にいたいな」

なんて言葉を休みなく
耳元で言うと

「こんなおばさん、
相手にしても…」
というので

「そんなことはないよ。
十分魅力的だし…かわいい」
と言うとクスクス笑いながら

「バカ…」

と言われた。

「ねぇこの後部屋に来る?」

と言ったら恵子は頷く。

居酒屋を出、
タクシーで僕の部屋に。

入るなり恵子を抱き寄せディープキス。

キスしながら着ている服を脱がし
ブラとパンツ姿に。

オバサンらしく色違いの上下。

キスはさらに続け
パンツの中に手を入れ手マン。

キスしながらも恵子は喘ぎだし
力が抜けていく。

僕も着ている服を脱ぎパンツ一枚に。

恵子に

「フェラはしてくれる?」

と言い膝まづかせ
チンポをしゃぶらせる。

さすが年期がはいっており
なかなかの吸引力ですぐにフル勃起。

口から外し恵子のパンツを脱がせ
後ろ向きにし、
壁に手をつかせ立ちバック開始。

激しく腰を突き恵子も
興奮しているのか
激しく感じている様だ。

少しゆるい感じはしたが
激しく腰をふったことで
イきそうになる。

「いきそうや!どこに出して欲しい」

と言うと恵子は

「中…中にいっぱいだして!」

さすがに中はマズいと思い

「妊娠したらあかんやろ」

と言うと

「大丈夫…もう生理ないから」
と答える。

その言葉により僕は安心し

「よ~し。
いっぱいだしたれから、
うけとめろ」

と恵子に中だしする。

出した後、
しばらく恵子は動けず床に倒れ込む。

よっぽど良かったのだろうか
動ける様になったら
もう一回したいとぬかしやがる。

結局その日は三回する。

恵子とはそれから
毎日の様にセックスしに部屋に来る。

もちろん中だし。

生理上がりの熟女は美味しすぎるわぁ。

あわせて読みたい