未亡人の叔母に「女に恥じをかかせないで」と誘われた

自分でも、不思議と思うのは
なぜか相姦をする機会に恵まれている。

10年位前だったと思います。
営業で外周りが多くあり、時間の制限は特になく、
自分の都合で廻れ、その日は隣りの市に
行っていたのですが、親戚の叔母の家が
近いので寄った時の事です。

「あら、洋ちゃん、寄ってくれたの上がって」

私は近くに来た事を言い、叔母は
嬉しそうに見えたのです。
叔母の名前は美弥子と言い、未亡人になってました、

母より15歳年下と聞いてましたが、
見た目はもっと若く見え、
私とそれほど変らない位に見えてました。

「美弥子さん、昔から若々しいね」
「いやね、何を言っているの、何も出ないわよ
・・・ねえ今日は時間が有るの?
・・・ゆっくりして行かない・・・・」

私に意味ありでな言葉を掛け、私に
お茶とコーヒーのどっちがいいか聞き
私はコーヒーを頼み、叔母とゆっくり
コーヒーを飲みながら

「私のオッパイでもいい?」

いきなり言葉をかけられ、もうびっくりでした。

叔母は立ち上がると、玄関を閉めてから、
私の手を取って引かれた、

「来て・・・入って・・」

叔母の寝室だった、叔母は服を脱ぎ始め

「・・・・美弥子叔母さん!・・・・・あの・・」
「私とじゃいや・・・・」

「いやだなんて・・・そんな・・いいの?・・・」
「女に恥じをかかせないで・・・・洋ちゃんも脱いで・・・」

叔母はブラジャーとパンティだけになった、
まだ体の線はそれほど崩れてはいなかった、

叔母はベッドに入った、私も急いでパンツだけになったが、
すでにパンツの前が膨らみ、ペニスが勃起をしていた。

「あら、元気なのね・・・」

叔母の視線がパンツに向けられていた。

「洋ちゃん・・来て・・・・」

叔母が布団を少し巻くり上げ、
私のスペースを開けてくれた、

私は布団に入り、自然と叔母とディープキスになり、

お互いに吸い合い舌を絡め合い抱き締めあう様になった。

叔母がブラジャーを外し、私の口に乳首を含ませた。

「吸って・・・あーん・・すごいのね・・・
芳美さんに可愛がられていたんでしょう・・・
もっと強く吸って・・・」

叔母は左右の乳首を交互に含ませオッパイを吸わせてもらった。

「脱がして・・・」

叔母が腰を浮かし、パンティを脱がしてあげた

「あげる・・・好きにして・・・食べて・・・」

叔母のオマンコが見えていた、

ヘアーはちじれ毛で、丘の部分にフワと生え、

ワレメの周りはヘアーがなかった。

臭いはしなかった、私は口をつけ舐め上げ吸い、
伯母が喘ぎ声を出し、体をよじり悶えた

「あーすごい・・あっ・・・上手ね・・
もっと舐めて吸って・・・・洋ちゃんいいわー・・・・」

叔母は可愛く悶え、69で舐め合い、騎乗位で一つになった

「すごい・・硬いわー・・・・・あっあっ・・・」

私は起き上がり座位になって叔母を強く抱き締め口を吸った
正常位で叔母を突き上げ、気持ちよく

「叔母さんすごく気持ちいよ」
「美弥子って呼んで・・・
私もすごくいいわー・・
ステキよ・・・・もっと突き上げて・・・・
あん・・・あん・・あん・・あっすごいー」

「美弥子気持ちいいよ・・出していいかい・・・」
「きて・・濃いのをちょうだい・・・
あー・・すごい出てる・・・・
あー・・・すごい・・・・・痺れそう」

ペニスを叔母の中に挿入したまま重なり、
口を吸いあい、ペニスが叔母の中で回復すると、
再開して、叔母を突き上げた

「すごい・・・・いいわー・・・
芳美さんに教えられているのね・・・」

「なんで知っているの?・・・
あー気持ちいいよ美弥子・・・」

「亡くなった英子さんから聞いていたの・・・
もっと突いて・・・・私も洋ちゃんに興味があったの・・・
あーいいー・・・・こんなに・・洋ちゃんいいわー・・・」

その日は3回戦も挑んでしまい、
正常位からバックになり、叔母が乱れ、
あんな叔母を見たのは初めてだった。

その叔母とラブホテルへも行き、
激しく燃えあったのだが、それが最後になった、
今でも法事とかに顔を合わせるが、
年齢の割りには若く見え、私の顔を見ると
笑顔を見せ叔母と二人の秘密の相姦の思い出です。

あわせて読みたい