母の妹(叔母)と高1から毎晩

俺は、22歳の大学生。

叔母の言いなりになってから丸6年。

この生活が始まったのは俺が高1、

中堅商社に勤めていた父親が母親を連れて

北欧に転勤した時だった。

父親は当然単身赴任するものと思っていたが、

父親の前任者が、現地の女性とトラブったとかで、

会社から夫婦で行くように言われたらしい。

俺はこの頃、反抗期で父親と折り合いが悪く、

また、有名進学校に入ったばかりだったので

残ることにした。

一人暮らし希望だったが、こっちに残る条件が

叔母(母の妹)のところに預けられることだった。

叔母はこのとき36歳。

女にだらしなかった夫を追い出してバツイチ。

ビジネススクールや学習塾の講師をやってる

むちゃくちゃ気の強い女だ。

他人から見ると美人らしいが、この頃の俺は、

気が強く何かと小うるさい叔母が嫌いだった。

が、そんな叔母も同居し始めて

二人きりになってみると予想に反して案外優しい。

俺の身の回りのことも行き届いてるし、

なにより母親みたいに

つまらん干渉をしないのが心地良かった。

俺は開放感を楽しむ生活を送っていたが、

講師という仕事柄、

学校の成績に関してだけは厳しかった。

でもそのおかげで1学期は

ほどほどに良い成績で終えることができた。

夏休みは毎晩遅くまでテレビを見て

毎日昼頃まで寝坊するだらしない生活を送っていたが、

逆に叔母は学習塾の夏期講習やらなんやで

忙しいらしく、毎日カリカリしていた。

ちょうど8月に入った頃。

ある日曜日の昼頃に俺を起こそうと

叔母が部屋に入って来た。

俺はエアコンを使わずに

トランクス一枚で寝る習慣だったので、

その日もパンイチで寝てた。

叔母は俺の姿を見るなりベッドに腰を下ろすと、

ニコッと笑いながら股間に手を伸ばしてきた。

恥ずかしい話だが童貞だった俺は、

この突然の出来事にエッチな気分どころか

怖くてじっとしていた。

叔母は「なに緊張してるの?」と言いながら

俺のトランクスを少しずり下げた。

昼近い時間でもちょうど寝起きだったので

朝起ち状態でビンビンに勃起している。

叔母はそれを優しく握ると、

俺の目を見つめながら最初はゆっくり、

そして徐々に早く激しく、しごき始めた。

いくら怖くてもこんなことをされたら

気持ちよくてたまらない。

物心ついてから他人に触られたことのないペニスは

すぐに限界に達して射精してしまった。

叔母の手や腕、ベッドのシーツなどに

俺が放った精液がべっとりと付着した。

俺はどうして良いかわからずに、恥ずかしさと

興奮から汗びっしょりで呆然としていた。

そんな俺に叔母は

「シャワーを浴びて綺麗にしなさい」

と言いながら部屋から出て行った。

俺は言われた通りに汚れたペニスや

汗をかいた体を綺麗に流して、

とりあえず部屋に戻った。

しばらくすると再び叔母が部屋に入ってきたが、

その姿を見て俺は息を呑んだ。

短めのTシャツに小さなショーツだけだったからだ。

叔母は俺の横に座ると・・・。

「私が面倒を見てあげているんだから、

あなたも叔母さん孝行しなさい」

そう言いながら俺をベッドに押し倒すと

体を重ねてきた。

そのまま叔母にされるがまま、

ファーストキス、童貞、その日のうちに全て、

血の繋がった叔母に奪われた。

もちろん女性の体やセックスには人並み以上に

興味があったが、相手は血の繋がった実の叔母だ。

子どもの頃からよく知っている実の叔母が

甥の俺にこんなことするなど考えてもいない。

しかも何の前触れも無く

突然起こった出来事だったから、

まったく心の準備も出来ていないうちに

叔母の欲望の求めるがままに、

幾度となく立たされては射精する・・・

そんな感じだった。

その日から俺は“抱かれる男”。

完全に叔母の性欲の吐け口にされてしまった。

当時の俺は、近親相姦なんて作り話か

変質者がやることのように思っていたし、

母親や叔母をセックスの対象として見たり

考えりすることなど一度もなかった。

だから叔母と関係するようになってから

しばらくの間は精神状態が不安定になり、

頭痛や吐き気、不眠に襲われたり、

叔母と交わった後、自己嫌悪から

不意に自殺したくなったりもした。

しかし、昼間は

こんな変態じみたことは2度としないぞ

と思っても、夜になり叔母が

妖艶な笑みを浮かべながら迫ってくると

金縛りにあったように体が動かなくなった。

唇を吸われ舌を絡められ

体中を舐め回されていると、

昼間の決意など吹き飛んで

ビンビンに勃起してしまう。

そして叔母に導かれるがままにその熟れた体に

勃起したペニスを幾度も突き入れてしまう。

危険な誘惑と異常な興奮。

全身の毛が逆立つような刺激と突き抜ける快感。

言いようのない虚脱感と激しい後悔。

それの繰り返しで発狂寸前だった。

そこで俺は、

(これはSEXじゃない。オナニーをしてるんだ)

と自分で自分を騙すようになった。

物事なんでも1人でやるよりも2人のほうが楽しい。

だから俺と叔母はお互いの体を使って

2人で一緒にオナニーしているだけなんだ。

そう自分に言い聞かせた。

(それに、これは叔母から始めた事であって、

俺はある意味強姦被害者と同じじゃないか)と、

思うようにした。

すると急に気が楽になった。

高校生の年頃ならば、

毎晩オナニーしても全然おかしなことじゃない。

俺は完全に吹っ切れた。

そして叔母と2人して、

完全にセックス中毒患者の生活に陥ってしまった。

叔母にしてみれば、当時の俺は従順な性奴隷。

いつでも好きなときに可愛がれる

ペットのような男。

今でもそうだが若い俺は一度や二度射精しても

叔母の愛撫ですぐに勃起する。

たぶん理想的な相手なんだろう。

俺の側から言えば、言うことさえ聞いていれば

これ以上ないほどの興奮と刺激を与えてくれる

叔母は天使だ。

しかも学校に行けば「女のアソコが見たい」

「早く童貞を捨てたい」

みたいな話ばっかりしている同級生の中で、

俺だけは友達たちに言えない快感を

毎晩のように味わっている。

俺は優越感に浸った。

それ以来6年間、

風邪など体調的な理由で出来ない日以外は、

ほとんど毎晩のように

叔母の言うことを聞いてやってるし、

俺のおねだりを聞いてもらっている。

毎晩10時近くなると、

まるで条件反射のように風呂に入り、

部屋で叔母を待つ、あるいは叔母の部屋に行く。

2人とも早く帰宅した日などは

もっと早い時間からじっくりと

交わってしまう事もしばしば。

俺と関係を持つようになって、

妊娠を恐れた叔母はピルを服用するようになった。

万が一甥の子供を身籠るなどということになれば、

叔母の人生は破綻するし、

俺だってまともな人生を歩けなくなるからだ。

ピルの服用でコンドームは使わないが、

それでも叔母の周期から計算して

安全日は中、危険日は外に出す。

年間250日、平均2回射精するとして、

6年間で3000回も叔母の体の内外に

精液をぶち撒けた計算になる。

大恋愛の末に結ばれた夫婦だって

6年間もこんな生活を続けることは無いだろう。

プレイ内容も色々と覚えさせられた。

SM以外のことはほとんど経験させられた。

関係が始まったばかりの頃の俺はほぼマグロ状態で、

叔母の一方的な愛撫とセックスだったが、

しばらく経つと愛撫でも叔母を満足させるために

女の悦ばせ方を徹底的に仕込まれるようになった。

たとえばクンニ。

叔母の言う通りに女性が悦ぶ舐め方、

感じる舌の使い方、責め方を教え込まれたので、

この歳で俺にクンニで勝てるような男は

探してもそうはいないだろう。

同じように指の使い方や挿入後の腰の突き入れ方、

動かし方も叔母に口うるさく指導された。

おかげでかなり上手いほうだと思う。

逆に困ったこともある。

叔母は口うるさい分、

まるで風俗雑誌で読むプレイのようなことを

してくれるので、俺の体がそれに慣れてしまい、

ちょっとやそっとじゃ感じなくなってしまったこと。

それと、同年代の女の子相手に

叔母に教えられたテクニックを使うと、

とんでもない遊び人だと思われてしまうことだ。

俺も高校、大学は同年代の子と付き合い、

当然SEXする関係に発展することも何度かあった。

しかし、セックスだけで言うなら

同年代の子からは叔母から与えられる快感を

得ることはできない。

3回射精した直後でも勃起してしまうほどの

口技舌技など、テクニックやその内容の濃さで

叔母に勝てる若い子など、

大学生の俺の周りの女性の中にいるはずも無い。

だからデートでセックスしても、

どうしても物足りなさを感じてイライラしてしまう。

イライラしたまま帰宅すると、

その俺のイライラを

見透かしたように誘ってくる叔母。

俺もそんな叔母の体をねだり、

気が済むまで交わって、やっと満足して

眠ることができる体質になってしまった。

2年前に俺の両親は帰国したが、

今度は北海道に転勤してしまい、

叔母との同居は今も続いたまま。

今でもほぼ毎日のように

こんなことをしてしまっている。

こんな生活を送っている二人だが

俺に恋愛感情は無い。

あるのは親族としての家族愛のようなものだけ。

叔母の気持ちは解らないが、叔母も俺を男として

愛しているというような気持ちは無いと思う。

というのも、俺が他の子と恋愛しても、

セックスしたことを話しても

怒ったり嫉妬することは無いからだ。

「私と若い子とどっちが良いか比べてみて」

そう言いながら普段よりも激しく

しつこいセックスになる事はよくあるが、

俺が叔母を拒んだりせずに

“抱かれる男”

“素直な甥”でいさえすれば

必要以上に拘束したりもしない。

愛が無くても、叔母が相手でも、

セックスは楽しいし、なにより気持ち良い。

それだけで十分だと思う。

逆に考えれば、俺と叔母の関係は、

変な恋愛感情に邪魔されず純粋に

セックスを楽しんでいるだけだから

飽きもせずに長持ちしているのだろう。

恥ずかしさも遠慮も責任や義務も無い。

ただ性的な快感を得るために俺は叔母の体を、

叔母は俺の体を貪欲に求め合っているだけ。

こんな都合のいい相手はどこを探してもいないだろう。

それにしても最近、

(こんな生活がいつまで続くのだろう?)と

時々不安になる事がある。

叔母は40歳を過ぎたが性欲は激しくなる一方だし、

俺は俺でそんな叔母と

毎日のようにやりたい放題の生活。

当然といえば当然だが、この6年間

一度も本来のオナニーなんかしたことがない。

歯止めのない肉欲生活に溺れきった二人は

今後どうなってしまうんだろう。

俺が就職して叔母の所から出て

再び戻ることがなければ

2人の関係は解消されると思うが、俺は叔母の体と

テクニックから得る快感を捨てる自信がないし、

今のところ捨てたくはない。

叔母も都合の良い俺を

簡単に追い出すことが出来るのかといえば、

たぶん無理だろう。

そう考えると、俺たちはこの生活から抜け出せずに、

このままずるずる続けてしまいそうだ。

あわせて読みたい