泥酔した60代デブ熟

昨夜行きつけのスナックで
泥酔していた近所に住む
60代中位のデブ熟(一人身)を
いただいちゃいました。

俺も酔っていたので
デカイ乳に惑わされて、
送って行く振りをして
近くのラブホへ。

殆ど意識のない熟を
ベッドに寝かせ、
巨大な乳を露わにして
舐め放題。

チョコレート色の小さな乳首を
舐めたり吸ったりしていると
ムクムクと硬くなり、
小指の先程の大きさに!

舐め応えのある乳首と
メロン大の柔いバストを
揉みくちゃに。

全く芯のない
フルフルとした感触を
十分味わった後、
スカートとパンストを
同時に脱がすと、

ベージュのでかパン・・・
それも一気に降ろすと
薄くなった毛が
肉厚のアソコを覆っている。

M字開脚させると
ネチャーと糸を引きながら
ビラビラがパックリ。

強烈な匂いを自分の唾液で中和し、
ベロベロと全体を舐める

「んんん~」

と熟は身をよじって目を覚ます。

「エッエッ?何?」

硬く飛び出してきた
クリに吸い付き舌を小刻みに震わす。

「ああん~、誰?あああ~」

脂の乗り切った腹を
プルプルと震わせながら
快感と不安の入り混じった
表情を浮かべ、
太い太ももで俺の顔を挟み込む。

「奥さんが誘ったんですよ。
奥さんが・・」

と言いながら舌を震わすと
やっと俺のことがわかったらしい。

「あうう~、
こんなおばあちゃんに~
あああ~やらしいことして~」

熟の愛液で口の周りはベトベトだ。

「奥さんがしたいって。
どうしてもって言うから
ここに来たんですよ」

「ううう~嘘~あああ~」

と言いながら腰は
ユラユラと舌の動きに合わして動く。

「あっ・・イクっ!ああああ~!」

腰を上げブリッジのような体制で
ピクピクと痙攣した。
口を離すと顎から
ボタボタと愛液が流れ落ちた。

目を瞑りハアハアと
肩で息をし絶頂の
余韻を楽しんでいる。

俺はここでやっと全裸になり、
硬く反り返った肉棒を
熟の口元に近づけた。

手を添え、周りを
ペロペロと舐めた後、
パクリと頬張り
気だるそうに頭を動かした。

熟女の絶妙な舌使いに
ウットリしながら
片手で頭を押さえ、
奥まで入れ込んだ。

「あうう~がう~」

と唸りながら出し入れを繰り返した。
体制を変え、
俺が仰向けに寝て
熟練のテクを味わった。

「クラクラする~」

と口から肉棒を外し、
すぐさま手を添えて
上からズリュっと膣に収め、
ユラユラ動き始める。

「うううう~す、
凄い・・硬い~あああ~」

と顎を上げ腰を振った。
張りを失った巨乳が
ブラブラと目の前で揺れる。

下から腰を突き上げると
動物のように唸り、
そのうち叫び始める。

「ううー
いいいいいいいいいいいい~!
おおおおおおおおお~
あっあっ!
うわーっ!!
気持ちいいいいいいいいっ!!!!」

両胸を掴むと
柔らかい肉の塊の先の
乳首だけが異様な硬さで
ツンと存在感を主張している。

両方を寄せて口に含み
舌で刺激すると

「イック~っ!
いっちゃう~!
イグ~~~!!!!」

と海老反り、ピクピクと
痙攣しながら後ろへ倒れこんだ。

その後正常位、バック、
正常位と突きまくり
(酔うと遅漏ぎみになる)
最後は中に溜まった精子を
大量にぶちまけた。

暫く休んでから熟の
本気フェラで2発目を
熟の口で処理して貰いホテルを出た。

連絡先を交換したので、
また熟としたくなったら
連絡しようと思う。

酔うとただのデブも
綺麗に見えちゃうんですね。
でも熟女いいですよ!

あわせて読みたい