熟女二人に筆下ろしをしてもらったエロ体験談

僕は25歳になった今でも
若い女には
あまり興味が湧きません。
いわゆる“熟女好き”って
やつです。
それは初めての相手が
熟女だったからです。

私は母親の友人だった女性
(カオルさん)に小学生の頃から
可愛がられていました。
カオルさんはバツ1で
子供もいないため、
僕を自分の子供のように
思っていたようです。
僕もカオルさんに懐いていて、
たまには家に遊びに行ったまま
泊まらせてもらうことも
あるほどでした。
まだ子供だった僕は一緒にお風呂に入ったり一緒に寝たりも平気でした。
中学生になった頃には少しずつ遊びに行くことは減りましたが、
それでも月に一度ぐらいはなんだかんだで顔を合わせることがあり、
気軽に話せる
大好きなおばさんでした

続きを読む(外部サイト)

あわせて読みたい