筋肉質の職場の熟女とセフレ関係に

俺は20代の独身だけど、
俺が働いてる会社にパートの
オバちゃん(理恵さん)がいる。

45歳で体格が良くて
背も高く、筋肉質。
その理恵さんとヤッた話。

理恵さんは明るくて
どんな話でも乗ってくるんで
気軽に話しやすいから、
毎日下ネタバリバリだった(笑)

ある日、俺と理恵さんと2人で
会社の倉庫でいつものように話しながら
仕事してた時の事。

「理恵さんは旦那さんとセックスしてる?」

「旦那とは最近はしてないな~、
昔は毎日してたよ(笑)」

「えっ!?旦那とはって、
旦那以外の人とはしてるって事?
理恵さん浮気してんの??」

「アッハッハ(笑)そういう事だね。
でもみんなしてるよ、
ほらアタシと同じパートの
H美さんとF子さんも不倫してる」

「マジで~?初めて知った・・・」

「あの2人は不倫だけど
アタシはセックスだけの付き合いだから。
アッハッハッハ(笑)」

「いいな~、セックスしたいな~」

「でも、その男とはこの前サヨナラしちゃった(笑)
だってしつこいからアハハ(笑)」

「でも俺にとってはそいつが羨ましいよ・・・
理恵さんとセックスしたんだから・・・
いいな~、理恵さんとセックス、いいな~」

「なになに?アタシとセックスしたいの???
誰でもいいからただセックスしたいの?
それともアタシだからセックスしたいの???」

「理恵さんとセックスしたい!
ずっと憧れてて、
毎日理恵さんをオカズにしてオナニーしてる・・・」

「アッハッハ、ありがとう(笑)
そんなにアタシとセックスしたいなら
今夜家においで。今日は旦那出張でいないから」

「えっ!いいの?やった~!」

そんな訳で理恵さんの家を教えてもらい
夜8時に理恵さん宅へ。

理恵さんは子供が2人居るけど
就職や大学進学で2人とも他県に行ってるようです。

理恵さん家に行くと早々に手作りの夕飯をゴチになりました。

ですが、俺は早く理恵さんと
セックスがしたくてウズウズウズウズ!

食事が終わって洗い物してる
理恵さんの後ろ姿を見てチンコがフル勃起状態!

理恵さんは洗い物しながら話しかけてきます。
Tシャツにデニムのロングスカートの理恵さん。

Tシャツから出ている腕が
筋肉で盛り上がっていて
凄く筋肉質なんですが、
それがまた堪らなく良いんです!

パンツの中でガマン汁を出しながら、
俺は気が付くと後ろから
理恵さんを抱き締めていました。

「アハハ(笑)そんなにしたかったんだ。
そんなにしたいならすぐヤル?
それともお風呂前だからお口で1回抜いとく?」

俺は我慢できずにその場で服を脱ぎ、
スッポンポンになりフル勃起した
ガチガチのチンコを理恵さんにさらけ出しました。

「すっご~い!!もうカチカチだね(笑)
うわっ!!ビクンビクンして
エッチなお汁が垂れてるじゃん!
触っただけで出ちゃうんじゃないの??」

「うん、もう出ちゃうかもしんない」
「あらら(笑)早くしないと間に合わないんじゃない?
暴発したらもったいないよ~」

俺は急いで理恵さんの
デニムのロングスカートを捲り上げると
そこには純白のパンツ!!

でもサイズが少し小さめなのか
お股にパンツが食い込んで
タテ筋がクッキリ出ています。

よく見ると何と
タテ筋の辺りが濡れていました。

理恵さんも興奮してるのがわかると
もう止まりません!

荒々しく理恵さんのパンツを脱がせると
何とそこには
毛が無いパイパンのマンコが姿を現しました!

「いや~ん!!アタシ、パイパンだから恥ずかしい~!」

「剃ってんの?」

「昼間言ってた男の趣味でね(笑)
そんな事より早くしないと間に合わないよぉ~」

パイパンもビックリしたんですが
理恵さんの脚も筋肉で凄かったです。

パイパンマンコからは
愛液が垂れてきてマンコを触らなくても
理恵さんも準備OKな状態でした。

いよいよ挿入です。

対面立位と言うのでしょうか、
立ったまま向き合っての挿入です。

マンコにチンコを当て、
俺は少し腰を落とし前に腰を進めると
ジュブジュブッとヌレヌレのパイパンマンコに
俺のチンコが飲み込まれて行きました。

「おお~っ!入ってきた!
いい~っ!気持ちいい~!」

チンコが入ると理恵さんは
待ってましたとばかりにすぐに喘ぎだし、
俺が腰を動かす前に理恵さんは
俺の尻を掴むと自ら腰を動かしだしました。

「おぅん、おぅん!あっあっ!あぅん!ああ~、
いい!気持ちいい~!おお~っ!おん!おん!おん!」

何て変な喘ぎ声なんでしょう!

友人が言ってました。
女はオバさんになると
喘ぎ声が男みたいになるとか、
獣みたいな声になるとか。

まさに獣オバちゃんて感じでした。

他の男ならそれで萎えるかもしれないですが、
俺はずっと憧れてオカズにしていた
理恵さんとのセックスなんで逆に萌えました(笑)

でも立ったまま向かい合って
腰を振る女なんて
相当なセックスのベテランさんですね。

挿入して理恵さんが腰を振り出して
時間にして1分か1分半位でしょうか、
入れる前から出そうな感じだった俺は
すでに射精寸前!!

亀頭もパンパンに膨れて
ガマン汁が大量に
理恵さんの膣に流れ出ていたと思います。

少しは精液も漏れていたかもしれません!
中に出してはマズいと思い
必死に耐えていたと思います。

「おぅん!も、もう出そうなんでしょ?
オ、オチンチン膨れてるよぉ~」

理恵さんはそう言うと
更に腰を激しく動かし、
マンコの膣内を
きつく締め付けてきました!

しかも強弱つけての締め付けです!
だからたまりません!

俺も理恵さんのお尻を掴み
射精に向かおうとしました。

ですが理恵さんのお尻を掴みビックリ!
お尻も筋肉で硬いんです!

お尻も体型からして
デカいのはわかってたんですが、
ここまで筋肉で硬いとは・・・。

すると、掴んでいた硬い筋肉の
お尻が急にヘコんだんです!

そうです、強弱をつけて
膣内を締め付けるんでお尻がヘコむんです!!

こんな締め付けは初めてでしたね。

しかも尻をヘコませ膣を締め付ける時に
ググッと腰が伸び上がりながらなので
チンコが痛いくらいに引っ張り上げられます!
こんな事が出来る女性は今まで理恵さんだけでしたね。

「もうダメ!出ちゃうよ!
理恵さん腰止めて!
止めてくれないと中に出ちゃうよ!」

「カモ~ン!中に出しちゃえ!!
我慢してると苦しいぞ~(笑)」

「いいの?中でもいいの?」

「いいよ(笑)
君だからOKするんだぞ~!
特別なんだぞ~(笑)」

「ほら、ほら、出しちゃえ!!
中に出すと気持ちいいぞぉ~!
ほら、早く!早く中に出しなさい!!
いっぱい中に出してスッキリしなさい!!
早く膣内にドクドクピュッピュ!!って出しなさい!!」

「あっ、出る!出ます!」

ドクドクピュッピュ!!
とうとう憧れていた理恵さんの
膣内に生中出ししちゃいました(笑)
射精したけど俺のチンコは硬いまんま。

合体したまんま即2回戦開始!!

「えっ!!ええ~っ!!
続けてできんの!?すっご~い!!
いいよ(笑)好きなだけアタシに出しちゃいなさい(笑)」

理恵さんの許可も出たので
今度は俺が腰振り。
だけど同じ体位もアレなんで立ちバックへ。

一度結合を解くと
まだ見ぬ理恵さんの
オッパイを拝みました。

理恵さんのTシャツを
捲り上げブラを上にずらすと・・・
デカいオッパイがボヨ~ンではなく、
普通サイズのオッパイでした(笑)

理恵さんは体格がいい筋肉質なんで
巨パイではありませんでしたが、
そんな筋肉質の体型で普通サイズなので
大きい方なのではないでしょうか。

オッパイをシャブリ、
立ちバックでまたまた中出し射精!

その後、お風呂で中出し発射して寝室かと思いきや、
寝室は夫婦の場所なので客間に布団を引き、
朝まで3回、トータル6回中出ししちゃいました(笑)

翌日は土曜で仕事休みだったので、
朝起ちついでに理恵さんの筋肉質な身体に
チンコを擦り付け、筋肉太股に発射!!
と思っていたらスッと
理恵さんの手が伸びてきて正常位で合体!!

「もう!朝から元気だねぇ~(笑)
太股に出そうとしたでしょ?
精子出す時はアタシの中に出しなさい!!」

理恵さんはそう言うと
ガッチリと筋肉の腕と脚で俺を
抱き締め下から腰を動かしてきました。

筋肉に抱き締められ
凄い膣内と腰の動きにたまらず中に発射!!

「おぅん!おおぅん!!イク!!イグ!!
君の白い精子がアタシの中に出てる~!!
はおぉ~ん!!
アタシも、イッてるぅ~ぅぅ!!
おうおう!!おおぅん!!
はおぉ~ん!!はあぁぁぁ・・・
イッちゃったぁ(笑)」

結局翌日も朝から夜まで
セックスしっぱなっしでしたね。

休憩やお昼寝もしましたよ。

それからは理恵さんとは良い
セックスフレンドとして
お付き合いをする事になりましたね。

今でも理恵さんとは続いています。

会社ではフェラしかしてもらえないけど
旦那さんが月の半分近くは
出張でいないのでその時はいつも
理恵さんとハメまくっています。

当然全部中出しです。

あわせて読みたい