酔った勢いで叔母にフェラで抜いてもらった

私45歳、母方の伯父の嫁、つまり義理の叔母58歳。
叔母は5年前に伯父と死別、子供も独立してマンションに独り暮らし。
そのマンションは、私の最寄駅からの帰り道の途中。

叔母が近くに独りで暮らしていることは忘れていた。
が、昨年の年賀状のやりとりで気づく。
昔の叔母の印象。私が高校生の頃、隣の家に間借りしていた叔母は30歳代。
その頃に若干のエピソード。
私はその頃、父親の転勤に伴って兄との二人暮らし。よく叔母に晩ご飯を食べさせてもらっていた。
あまり記憶が定かでないが、ある日の出来事。
夜に何かの用事で叔母の家に。玄関で。
私「○○おばさん、いる~?」
叔母「なーにー。ご飯食べる?」と玄関に。
私「・・・・」
叔母は、ネグリジェでノーブラ。
私は、その時に初めて母親以外の女性の乳首を見て、異常に興奮したことを憶えている。
ぺちゃぱいで茶色っぽい乳首をネグリジェ越しに見たこと。下半身がどんどん充血。
話しはしどろもどろ。じっと見ていたら叔母に「どうしたの?」と聞かれ、「うううん、何でもないよ」と答えた。
その後、自分の部屋に帰って自分の手で思い切り放出した。あれ以来、叔母が私の妄想の対象。なんとかして下着を手に入れたいと思い、休日の昼間に叔母の家に。
私「おばさーん。いるー?」
玄関が空いているのに返事無し。
私の想像(庭に出て掃除でもしてるんだろう。チャンス!)
家に入り寝室に。洋服ダンスを開けたら叔母の下着がいっぱい。その時のどきどきは心臓破裂寸前だった。
ブラとパンティを手に取り嗅ぐと洗剤のいい匂い。
もう待てずにその場で手で自分を慰めた。自分のパンツのなかにどっくんどっくん。
下着は元の場所に帰して部屋に戻った。大成功。これからもチャンスがあればまたやろうと決めた。

叔母の下着いじりは癖になった。
ある日、同じ行為をしていたら、いつの間にか後ろに叔母。
私は下着に夢中で気付かずにいた。
叔母「なにしてんのっ!」
私「あっ。ごめんなさい」
叔母「もう二度とするんじゃないわよ」
そんなやりとりがあり、その場は許された。
あとで思えば、あの時に叔母に頼み込めばなにかしてくれたような気がする。

年賀状のやりとりで近くに住んでいることが判明。
伯父の他界以来、会ってなかったので久しぶりに叔母の顔を見ようかと。
ある日、都内で飲んだ帰りに11時ころに帰宅途中、歩いていたらふと叔母のことを思い出す。
ちょうどトイレに行きたくなったこともあったので、なんの気なしに寄ってみることに。
玄関のチャイムを鳴らす。
叔母「はい、どなたですか」
私「私です。○○です。ご無沙汰してます。夜遅くに」
叔母「あら、珍しい。今、開けるわね」
叔母「どうしたの、こんなに遅く」
私「たまたま歩いていて、寄ってみただけなんだけど。トイレいい?」
叔母「どうぞ、どうぞ。遠慮しないでいいのよ」
好意的に部屋のなかに入れてくれた。久しぶりの会話は弾んで小一時間くらいいて、最後に帰り際に。
私「少し太った?」と言ってお腹をさすると。
叔母「そうなのよ。この年になるとね」と警戒心なし。
私「また来てもいい?」
叔母「もちろんよ。私も一人で寂しいから遊びに来て」
私「ありがとう。じゃ、おやすみ」
その日はそれで帰宅。

数ヶ月後。また同じような感じで酔った勢いで叔母の顔を見たくなる。
昔は細身だったが、今はだいぶ太ってずんぐりむっくりという感じだが、相変わらず愛想がよく、優しく接してくれる叔母にまた会いたくなった。
チャイムを鳴らす。
叔母「あら。○○ちゃん。また来たの」
私「すみません。叔母さんの顔が見たくなって。酔っぱらって来ちゃった」
叔母「どうぞ。ビールでも飲んでく?」
私「ありがとう。じゃ遠慮なく」
という感じで上がりこみ、ひとしきり話した後に。
叔母「昔、よくマッサージしてあげたわよね」
私「そうだったね。練習の筋肉痛がひどくてね」
叔母「肩こりとかひどいんじゃない?昔みたいに揉んであげようか」
私「願ったり。お願い。いいの?」
数十分揉んでもらい、「交替するよ」というと遠慮。
なかば強引に後ろに回って座り肩を揉んであげたら、気持ち良さそうにため息をついた。

叔母は私とは血縁がないので、近親ではないということが私の気持ちを高揚させている。
私は、叔母の方を揉みながら、そのことを考え始めたらだんだんと妙な気持ちになり、大胆な行動に出た。酔った勢い。
私「気持ちいい?」
叔母「うん、最高」
私「叔母さん、おっぱいも揉んでいい?」
叔母「馬鹿な言わないの。こんなもうおばあちゃんのようなの揉んでどうすんの」
叔母はまったく気にしてない。
私「だって、すごくやわらかそうでセクシーなんだもん」
叔母「冗談はやめて。もういいよ、ありがとう」
私「いいじゃん」と言って、後ろから手を回そうとすると、逃げ出そうとする。
叔母「だめ。ほんとに」
でも無理やり、鷲づかみに。58歳のおっぱいにしては垂れてはいるが弾力があり、私は、もう止められない状態。いやがる叔母の背中に抱きつきながら揉みしだく。
叔母「ああん、もうほんとに。マザコンみたいね。○○ちゃんは」
しばらくして抵抗がなくなったので、さらにエスカレートしてパジャマをめくろうとしたらシャットアウト。
さすがにそれ以上はできなかった。
私「また来てもいい?」
叔母「へんなことしないならね」
私「うん。じゃあまたね」
家路に着いた。

しばらく忙しくて叔母の家には行っていなかった。
ある日の酔った帰り、また思い出して叔母の家に。
私「○○です。いいですか」
叔母「あら、いいわよ」
マンションのオートロックが開き、1階の一番奥、101号室の叔母のところへ。
叔母「また酔っぱらってるの?」
私「うん、ちょっと」
またトイレを借りて出てくると、ビールが用意。
叔母「かんぱーい」
私「またマッサージごっこしようよ」
叔母「いいけど、へんなとこさわるのなしね」
私「わかってるよ。じゃあ、先にやってあげるね」
叔母「んー、気持ちいいー」
私は、しばらく肩をもんだ後、だんだん腕に移り、そして後ろから大きなおっぱいを。
叔母は、「だめよ。いたずらは」といいながら、その日はあまり抵抗しない。
私「柔らかくて最高」
叔母「こんなおばちゃんの。。。」
私「おっぱい吸っていい?」
叔母「。。。ちょっとならね」
セーターをたくし上げて夢中で吸い付く。気絶しそうなほど興奮。
叔母「たまってるの?××さんとセックスないの」
私「うん。。」
叔母「じゃがまんできないでしょ。してあげる」
私のズボンをおろしてねっとりとフェラ。あまりのうまさに数分で口のなかに出した。
それ以来、酔っぱらうと叔母のマンションに寄り、フェラで抜いてもらうのが癖。
しばらくこれで満足。

たまにしてもらいたくなると、酔った勢いでマンションに酔って、ビール飲んでマッサージごっこして、フェラしてもらうだけです。
それ以上を求めると、拒まれます。が、少し変わってきたのは、パンティーの上からですが、触っても拒まなくなったところです。

あわせて読みたい