スペック。

俺26歳でガリレオガリレイ貧困のブルースリー。

相手は課長36歳の女。太めのポンキュッパ。とくにケツがデカイ。大柄な体格のせいかとにかくデカく感じる。顔は浜崎あゆみによく似てる。黒髪のあゆにブルーフレームのメガネかけた感じ。

飯屋で定食食っていると〇〇2科の女課長と偶然居合わせて、その後飲みに行って路地でやっちゃった話。
 
俺は別会社からの出向だしあまり話もしたことなかったので飯屋では、どうも。はー、どうも。みたいな感じでお互い焼き魚をボソボソ食っていた。

先に食い終わった自分が外でタバコに火をつけると課長がすぐに出てきてまたペコリ。あんた飯ぜんぶ食ってないだろと思いながら課長の横顔を見たらけっこうかわいいじゃんと思ってしまった。

課長はスマホを突き出して、ここのカラオケつきあわない?って言われたとき何故だかチンコの下がぞわぞわときた。暗くなった街を歩きながら俺君の会社は〇〇町だよね。とか儀礼的な感じだった。

だけど、カラオケに入ったとたん課長アゲアゲで連続熱唱。この人仕事できるのがなんとなくわかった気がした。歌いながら俺への気遣いできているし・・・。

なんていうか空気をパーンと変えてしまうハイスペックエンジンを持っているって感じ。学生時代もこのパワーで他を圧倒したに違い。いつもどこでも平均点のボーダーをうろうろしている自分とは住んでる世界がちがう。

その後カラオケ屋の上のバーに移動。ワインをガンガン飲んで課長の目尻が下がってきてなんだかかわいい。自虐ギャグでケラケラ笑っている。

俺くんお酒強いね。って言ってまた笑う。童貞ではないけどチキンの俺にはもちろんどうにもできない。課長が膝に手を載せてきてもびりびりきているのに、はあ、とかってなにもできない。

出向の身では相手先の課長なんて神のような存在。もしも下関係で下手打ったらまちがいなく首が飛ぶ。暴行、強姦、業務上なんたら・・・。やっぱり俺にはムリだ。

その後客が混んできて騒がしくなったので耳元で、え?なんです?とかって聞きかえすようになってきた。課長が顔を近づけてきてくるたびに甘い匂いがしてきて俺の股間はずっと半立ち。

聞こえているのに聞こえないふり。パンツに手を突っ込んでワシワシしてえと思っていたけどね。課長の髪が頬にかかってむずがゆい。エエ匂いやー。

あわせて読みたい